Topics トピックス

厚生労働省も認める!筋トレは“肩こり・腰痛”への効果的アプローチ

こんにちは!パーソナルジムAidです!

皆さんは筋トレが肩こりや腰痛に効果的だということをご存知でしょうか?

今回は厚生労働省の見解も踏まえながら、筋トレが肩こりや腰痛にどのような効果をもたらすのか、詳しく見ていきましょう。

 

 

筋トレと肩こり・腰痛の関係

厚生労働省の報告によれば、日本人の約70%が肩こりや腰痛で悩んでいます。これらの症状は、長時間のデスクワークや姿勢の悪さ、筋肉の弱さなどが原因とされています。そこで、筋トレが注目されています。

 

筋トレがもたらす効果

  1. 筋力アップ: 筋トレは筋肉の成長を促し、姿勢を正常化し、身体全体のバランスを整えます。特に、背中や腹部の筋肉を鍛えることで、姿勢が良くなり、肩こりや腰痛を緩和する効果が期待できます。

  2. 関節の安定性向上: 筋トレによって筋肉が強化されることで、関節の安定性が向上し、負担が軽減されます。特に、腰回りや肩周りの筋肉を鍛えることで、関節への負担が減ります。

  3. 血流改善: 筋トレは血流を改善し、酸素や栄養分を筋肉に運びます。これにより、筋肉の疲労回復が促進され、筋肉の緊張が緩和されます。

 

筋トレの適切な方法

  • バランスの取れたトレーニング: 全身の筋肉をバランスよく鍛えることが大切です。特に、背中や腹部、太ももなどの大きな筋肉を重点的に鍛えることが効果的です。

  • 正しいフォーム: 筋トレは正しいフォームで行うことが重要です。間違ったフォームで行うと、むしろ怪我の原因になることがありますので、トレーナーの指導を受けるか、正しいフォームを確認しましょう。

  • 適度な負荷: 負荷が強すぎても弱すぎても効果が出ません。自分の体力や目標に合わせて、適切な負荷を選びましょう。

 

厚生労働省の見解

厚生労働省は、適切な運動が肩こりや腰痛の予防に効果的であるとしています。特に、週2〜3回の筋力トレーニングやストレッチなどの筋肉を強化する運動が重要とされています。

 

 

 

まとめ

筋トレは、ダイエットだけではなく肩こりや腰痛の改善に効果的な方法の一つです。正しい方法でトレーニングを行い、筋肉を鍛えることで、健康的な体を手に入れましょう。パーソナルジムAidでは、トレーナーのアドバイスを受けながら、効果的なトレーニングが可能です。

 

 


現在実施中のキャンペーン情報はこちらからチェック

無料体験のお問い合わせはこちらから

 

まずは気軽に体験してみましょう

お電話受付時間 10:00〜21:00(平日・土日祝)
店舗によっては土日祝は17:00が最終となります。

※お電話でのお問い合わせの場合、セッション中はご対応ができないため、折り返しお電話させていただきます。

無料体験 LINEで体験申し込み