Topics トピックス

日本と世界のフィットネス参加率の違いは?

こんにちは!パーソナルジムAidです!

最近は24時間ジムやパーソナルトレーニングジムも増えてきましたね。皆様のお住まいの近くにもあるのではないでしょうか。

この運動ニーズの高まりは日本だけなのでしょうか?それとも世界はもっと‥?

今日はそんなお話です!

 

 

世界におけるフィットネス参加率

世界的に見ると、フィットネスへの参加率は地域によって大きく異なります。

例えば、2019年のデータによると、アメリカでは成人の約20%が何らかの形でフィットネスクラブに登録しています。一方、ヨーロッパではスウェーデンが約22%でトップクラスに位置し、健康への高い意識を示しています。これらの国々では、フィットネスが日常生活の一部として広く受け入れられており、政府や地方自治体による健康促進策も積極的に行われています。

 

日本のフィットネス参加率

対照的に、日本のフィットネスクラブの会員率は成人に対して約3.3%とされており、先進国の中では比較的低い水準にあります。

この背景には、長時間労働文化や運動への意識の低さ、フィットネスクラブへのアクセスの問題など、複数の要因が考えられます。しかし、最近では健康意識の高まりとともに、特に都市部を中心にフィットネスクラブの利用者が増加傾向にあります。

 

世界と日本の差とその原因

世界と日本のフィットネス参加率の差には、文化的背景や生活習慣の違いが大きく影響しています。

アメリカやヨーロッパでは、フィットネスや体を動かすことが社会的に奨励され、多様なフィットネスオプションが提供されています。一方で、日本では伝統的に体を鍛える文化はあるものの、近代的なフィットネスへの参加が日常生活に根付いているとは言い難い状況です。

 

健康への意識改革

フィットネス参加率の向上は、個人の健康はもちろん、国全体の医療費削減や生産性向上にも寄与します。

このためには、フィットネス活動をもっと身近でアクセスしやすいものにする必要があります。

日本では、最近オンラインフィットネスや自宅でできるトレーニングプログラムが人気を集めており、これらは忙しい日常でもフィットネスに参加する敷居を下げる役割を果たしています。

 

結論

何らかのフィットネスへの参加は、健康維持や生活の質の向上に不可欠です。

パーソナルジムAidは、ダイエットやボディメイクだけではなく、健康で充実した日常を過ごすためのサポートも行っています。

一歩踏み出すことは勇気がいるかもしれませんが、少しでも興味を持った方は下記から一度お問い合わせくださいね!

 

 

 


現在実施中のキャンペーン情報はこちらからチェック

無料体験のお問い合わせはこちらから

まずは気軽に体験してみましょう

お電話受付時間 10:00〜21:00(平日・土日祝)
店舗によっては土日祝は17:00が最終となります。

※お電話でのお問い合わせの場合、セッション中はご対応ができないため、折り返しお電話させていただきます。

無料体験 LINEで体験申し込み